うたよむブログ

ARCHIVE PAGE

archive: 2014年04月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

庭のうめ花二三輪のこれるは…(上田三四二) @現代短歌の鑑賞101

No image

庭のうめ花二三輪のこれるは咲きそめのころに似てうひうひし 上田三四二/『照徑』S60 年をとると、子供のようになるとよく言われる。きゃらきゃらと笑う母。偉大な駄々っ子に変貌する父。そういうのを垣間見たとき、老いを感じずにはいられない。幼児性から老いを見出すとはどういうことだろう。掲出歌では、「うひうひし」のあどけなさを、散り際の梅に見出すという。もし、時間をかけて経験を積むことで人格ができあがるのであ...

  •  0
  •  0

「ナイス提案!」「ナイス提案!」うす闇に…(堀合昇平)

No image

「ナイス提案!」「ナイス提案!」うす闇に叫ぶわたしを妻が搖さぶる 堀合昇平/『提案前夜』H25掲出歌の「わたし」は、「ナイス」といいながら、むしろ夢にうなされている。その"心"とハイな"気分"の食い違いに、自分ですら違和感を持たなくなっていく怖さ。それはそのまま現代のビジネスマンの心のありようのようで、少しヒヤリとさせられる。「文化祭前夜」という社風をあらわす言葉がある。あの、夜遅くなってますますテンショ...

  •  2
  •  0

わたしよりうつくしい眼のそのひとに…(大森静佳)

No image

わたしよりうつくしい眼のそのひとに如雨露のような性欲だろう 大森静佳/『てのひらを燃やす』H25多すぎず、少なすぎず、ある花をきれいに咲かせるのに十分な如雨露の水。そして、花に向かってだけ注がれる如雨露の水。 花はそれを知ってか知らずか、すくすくと育ち、うつくしく花を咲かせている―――  性欲が愛情とイコールとは言えないけれど、それを強烈に結び付ける断定を掲出歌は持っている。それは、彼のまなざしが掲出歌に...

  •  0
  •  0

握り飯をジンジャーエールで流し込む…(斉藤真伸)

No image

握り飯をジンジャーエールで流し込むわが飲食を犬が見みていた 斉藤真伸/『クラウン伍長』H25 ジンジャーエールが生姜の飲み物だと知ったのは大人になってからだった。それまでは"ジンジャー”を気にも留めず、ジンジャーエールとは単に炭酸飲料の一種だと思っていたのだ。ふと、そんなことを思い出した。そう考えると、ジンジャーエールほど嘘っぽい飲み物はない。イメージが、本来のものから乖離しているのだ。そして、掲出歌。...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。