うたよむブログ

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

果物、肉など吊り降ろしおく…(森岡貞香)

果物、肉など吊り降ろしおく白き紐井戸よりはみ出てをりぬ  森岡貞香/『未知』

短歌の魅力は何か。
それを考えるとき、森岡さんのこういう歌を思い出す。

不思議なリズムの歌だ。リズムというか…さらっと読めない。だから、不思議な感覚を呼び起こす。

この歌、結局普通の文章にすると、
「果物や肉などを吊るすための白い紐があって、それが井戸からはみ出ています。」
ということなのだ。
これを読んでも、ふうん、で終わってしまう。

なのに、森岡さんの歌になると、空間がガラリと変わる。
いびつな区切れは、そのまま果物や肉などの物質の凸凹感につながる。
それを感じとることで、この歌の食べ物や白い紐が日常空間から不可思議な空間へと飛躍するのだ。

普通の文章では気にも留めないような事象、それを一気に不可思議な空間へ引き上げる・・・短歌の魅力のひとつはそういうところにあると思う。


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。