わたしよりうつくしい眼のそのひとに…(大森静佳)

0 Comments
みかみ凜
わたしよりうつくしい眼のそのひとに如雨露のような性欲だろう 
大森静佳/『てのひらを燃やす』H25

多すぎず、少なすぎず、ある花をきれいに咲かせるのに十分な如雨露の水。
そして、花に向かってだけ注がれる如雨露の水。
花はそれを知ってか知らずか、すくすくと育ち、うつくしく花を咲かせている―――
 
性欲が愛情とイコールとは言えないけれど、それを強烈に結び付ける断定を掲出歌は持っている。
それは、彼のまなざしが掲出歌に隠されているからだろう。

嫉妬とか羨望を知らないような、うつしい「そのひと」の眼。
彼女の眼の先に彼のひたむきなまなざしがあることを、「わたし」は感じ取っているのだ。
そしてそれは「わたし」がこの恋愛のかやの外にいることも意味する。
完全な片思い。

でも、だからこそ。
鑑賞者だからその美しさを詠むことができるのだ。花は花を詠むことができない。
そう考えると、短歌に恋の成就の歌よりも、叶わない恋の歌が多いのもうなずけるような気がしてくる。


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
スポンサーサイト
みかみ凜
Posted byみかみ凜

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。