新しき職場に移りいくつかの秘密の道を歩みて通ふ/太田征宏

0 Comments
みかみ凜
新しき職場に移りいくつかの秘密の道を歩みて通ふ
太田征宏/『銀座木挽町』H28

秘密とは、ある事柄に精通しているからこそ、あるものだと思っていた。
しかし、どうやら<未知だから見える秘密>というのもあるらしい。

新しい職場へ向かう新しい通勤の道。
世界はそんな新鮮な心持ちの人たちにだけに、ちょっとした秘密をみせてくれるのかもしれない。
例えば、掲出歌の後にある次のような歌。

 この角をまがればいつも人生を考えてゐる紅き薔薇の芽

新鮮さがあるうちは、周りをよく見て、いろいろな気づきがある。
いつも歩いている人は目もくれない、でも喜びに満ちている空間。

生活感のある職場と言う場所に向かうからこそ、そこにひらかれた<秘密>は美しい。
この道に慣れたらきっと感じることができなくなってゆく秘密を、この瞬間に見つけられた作者は幸せなのだと思う。


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
スポンサーサイト
みかみ凜
Posted byみかみ凜

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。