積まれある柘榴ひとつが転がると・・・(木曽陽子)

0 Comments
みかみ凜
積まれある柘榴ひとつが転がると総崩れせるまぼろしのあり  
木曽陽子/『モーパッサンの口髭』

木曽陽子さんの『モーパッサンの口髭』より。

なんという幻視だろう。
ここには外なる崩れと内なる崩れの両方がある。

かごか何かに積まれている赤いザクロが、何かの拍子に一個落ちる。
「あっ」と思う。
たしかに瞬間的にヒヤッとした感覚というのは、おおよそ現実の事象と比べて、ずっと大きな反応になる。
そこで総崩れを感じたのだ。

そしてそれは見た目上のいわば外なる崩れ。

一方、ザクロの中身はびっしりとルビーのような赤い粒がひしめいている。
「総崩れせるまぼろし」と読み進めたとき、この小さな粒も瞬時にパッと輝いて散ってゆく様を私は見た。
総体が崩れるとき、内なる個々も散ってゆく。
そんな幻視を抱いたのだ。

内なる崩れとはなんだろう。
リンゴがごろりと崩れるのとは確かに違う。
美しい色彩と合わせて、何か原理的なものをこの歌から感じたのだ。


にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
スポンサーサイト
みかみ凜
Posted byみかみ凜

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。